「稗原小父の会POWERS」のブログ

はじめての「総会&打ち上げ」(平成20年度活動終了)

 いよいよ平成20年度最後の活動「総会」となりました。校長先生をはじめ先生方、PTA会長をはじめ役員の方々、ひえばら会のみなさん、地域のみなさんご協力ありがとうございました。特に今年度で退職される三橋校長先生には色々とご配慮を頂き、パワーズも順調な滑り出しができました。お蔭様で今年はたくさんの活動ができましたが、勢いで活動をしたところもあったので、最後に反省と今後の活動についてしっかり話し合おうということで、パワーズいちの堅実派、打田リーダーのしきりで、総会を行いました。打田リーダー資料作成ありがとうございました。

090328-soukai.jpg

 議事は活動報告・収支報告・パワーズのポジション・会則について・連絡方法について・平成21年度活動計画について・新メンバー募集について・平成21年度の担当(係)についてで1時間半以上行いました。もっと良い会となるよう力を合わせ頑張りましょう!

 また今年で卒業される大木さん、菅さん・須山さんお疲れさまでした。また何かの機会にはお力を貸してください。打ち上げはいつもの好太郎で行いました。(記:山田)

スポンサーサイト

さすが野球パパ!ライナーズに完敗

 稗原小学校を中心とした地域の少年野球チームの水沢ライナーズのお父さんたちと親睦ソフトボール対決をしました。ライナーズのお父さん達は土日祝日に殆ど練習があるので、パワーズ行事にはなかなか参加できないが、「子供達のために」という気持ちは共通で、パワーズメンバーに入っているお父さんもたくさんいます。なかなか参加できないのであれば、ライナーズの練習日に親睦イベントをやってしまおうという山田さん(パワーズ代表・ライナーズコーチ)の発案で実現しました。

090328-liners1.jpg 090328-liners2.jpg 090328-liners3.jpg

 子供達の応援の中、パワーズメンバーも気合をいれて頑張るが、気持ちだけが空回り、バットにボールが当たらず、気付けば9-0の完敗。最終兵器の三橋校長先生を代打で送るが、ライナーズチームは手加減も無くあえなくアウト。とても楽しいひと時でした。やはり野球パパ強し!オヤジの会対抗ソフトボール大会には是非参加していただき、WBCに続いてパワーズも2連覇しましょう!(記:弦巻)

おやじパワーで「ネットデイ」

近隣の小学校である平小で校内にLANを構築する「ネットデイ」が行われたという記事(http://kpress.weblogs.jp/news/2009/01/post-6664.html)を見つけた。平成18年に川崎市教育委員会が各教室でパソコンが利用できるようにLANを構築しようとしたが予算などの都合で進まなかったようだ。今回、平小の保護者のお父さんたちがオヤジパワーでLAN構築の配線工事を行ったそうだ。小学生のパソコン利用については裏サイトや有害サイトなどの問題もあるが、今後生活の中でインターネットが欠かせなくなるのは間違いなく、教育現場でも必要になることと思う。稗原小学校でも検討課題としてはどうだろうか?工事の際にはきっとパワーズがお役に立てることでしょう。 (記 弦巻)

体育倉庫と周辺の掃除

 体育倉庫とその周辺の片付けを「ひこばえわくわく祭り」で集まったついでに行いました。力持ちのお父さんが集まれば、あっという間に片付けも終わり、きれいに整理整頓されました。小学校は女性の先生が多いので、なかなか力仕事は大変だと思います。その時は遠慮なくパワーズに一声掛けてください。
 090314-taiiku1.jpg 090314-taiiku2.jpg 090314-taiiku3.jpg
 尚、学校のご好意で体育倉庫の一部をパワーズの備品置き場として借用させて頂けるようになりました。これで学校が休みの日のイベント時にも、平日昼間に(仕事中に抜け出して)備品を搬出しておかなくても済むようになりました。ありがとうございます。(記 山田)

ひこばえわくわく祭りに出店

 日頃から子供達がお世話になっている、菅生こども文化センターと稗原小わくわくプラザ共催の「ひこばえわくわく祭り」に永田リーダーのもと初出店しました。当日は朝まで雨風が強く、心配されましたが、11:00からの開催時間には、どうにか風はやみ、小雨となりました。会場となった稗原小体育館には「こぶん」のお店のほか、パワーズ、水沢ライナーズ、菅生台自治会老人会が参加し、大賑わいとなりました。
090314-hikobae1.jpg 090314-hikobae2.jpg 090314-hikobae3.jpg
 パワーズのキャラメル味のポップコーンは150個販売!次回のペットボトルロケット大会の宣伝を兼ねたデモンストレーションも大好評でした。ポスターまで製作して下さった針山館長をはじめこぶん、わくわくの皆さんありがとうございました。

 パワーズでは地域の子供が少しでもいい思い出を作っていけるよう、これを機会に「こぶん」「わくわく」と協力していければといいなと思っています。幸いに稗原地域には子供達に関わる団体が学校・PTA・こぶん・子供会・自治会・老人会・地域教育会議・ひえばら会・少年少女のスポーツチームなど色々ありますが、少子化の中、「これはどこの行事・企画」などと言わずに色々と共同・協力で活動していければいいですね。(記:弦巻)

AED開放?

 施設開放委員会では、パワーズが提言していた、学校の職員室に装備されているAEDを、学校が休みの土曜・日曜日に学校を利用している団体が利用できるようにして欲しいという要望に応え、置き場を検討するという報告もなされた。野球・サッカー・バスケ・バレーなど胸でボールを受けて「心臓しんとう」を起こす可能性のあるスポーツ団体にとっては朗報だ。心臓しんとうはボールの衝撃によって不整脈が起り心停止し、放置すると死に至る危険な症状で、毎年数人の子供が死んでいる。各団体の指導者はその危険性を知りつつも何も対策ができない状況であったが、今回の措置により、稗原小学校において心臓しんとうを起こしてもAEDを使うことができ、死に至る危険性は非常に低くなったといえる。施設開放委員会主催で施設利用者に対し、救命・AEDの講習会を開催するというのはどうだろうか?ホームページに心臓しんとうについて掲載しました。 http://hiebarapowers.web.fc2.com/powers-break.htm (記 弦巻)

施設開放委員会

 今年度のパワーズの活動でも、学校の施設をお借りする機会が多くありましたが、借りるためには施設開放委員会という会に登録し、会議に参加しなくてはなりません。その委員会の今年度の反省会があり、山田代表と永田さんが出席してくれました。今年度はダブルブッキングなどもあったので、今後はそのようなことのないよう改善をお願いしました。
 また、4月に開かれる次年度の会議では、ライナーズや菅生サッカー、マックスなどが1年間の予約をしてしまうので、その時にパワーズも予約しないと、他団体の使わない時にしか利用できなくなってしまいます。ですので、学校の施設を利用してのイベントを企画したい方は、おおよそいつごろという案を山田代表にお知らせください。(記 弦巻)