「稗原小父の会POWERS」のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる記事2つ

 タウンニュース宮前区版の7/31号に気になる記事が2つ載っていたので、ご紹介します。

 1つは宮前区初の統合型地域スポーツクラブ『菅生スポーツ・コミュニティークラブ』が始動したという記事。稗原小でも夏休み前にキッドビクス講習会の案内が配布されたが、9月には説明会、10月から会員募集が始まるそうだ!子供の体力低下は統計で明らか。放課後のガラ~ンとした校庭を見るにつけ、子供たちはどこで遊んでいるんだろうなんて思っていたが、折角のよいクラブができるので、子供の体力が心配な方は入会を検討されてはどうだろうか?会場は菅生小を中心に稗原小でも行われるそうだ。
 
 2つ目は平瀬川で2ヶ月連続でどじょうが死んだ記事。先日のひえばらキャンプのウォークラリーでもチェックポイントとした親水公園周辺は、地域の方々の努力であゆを放流したり、ドジョウやザリガニが生息したりと、すばらしい環境になっています。その努力がちょっとした不注意で台無しになってしまいます。側溝の水はストレートに川に流れ込むので、みんなで注意しましょう!子供たちが自然と触れ合える平瀬川なので大切にしたいですね。(弦巻)

スポンサーサイト

神奈川土建川崎中央支部さんに感謝!

 稗原小では今年25回目となる夏休み親と子の工作教室が開催されました。参加者は約300名(子供149名、大人148名)と大盛況でした。主催の神奈川土建の皆さんは、当日だけでなく、忙しい仕事の合間に材料加工などの準備もボランティアでして下さり、大変感謝です。他地域では、材料加工も当日に行うところもあるそうなので、300名もの大人数がスムーズに参加できたのも、稗原地域の神奈川土建の皆さんの事前準備のお陰だと思います。
090726-kousaku2.jpg090726-kousaku3.jpg090726-kousaku1.jpg
 参加者は暑い中、モザイクタイル、巣箱、本棚、水鉄砲、竹とんぼ、銅版に、一生懸命に親子で取り組んでいました。子供達は普段使うことの少ない、のこぎりや金槌、カッターなど使い貴重な体験が出来たのではないでしょうか反省会では、材料をもらう時に「ありがとう」と言える子が多く、稗原小の児童は礼儀正しいとお褒めの言葉も頂きました。
090726-kousaku6.jpg090726-kousaku7.jpg090726-kousaku5.jpg
 校長先生のほか6人の女性の先生方やPTA推薦委員の方も暑い中お手伝いお疲れ様でした!またパワーズメンバーやパワーズキャンプに参加された方も多数参加されていて、年々知り合いのお父さんが増えるのは嬉しいことです。詳細はPTAから報告があると思いますが、とりあえずご報告を。(弦巻)

ドッチビーの講習会に行ってきました。

 今日、菅生小学校に体育指導委員の仕事でドッチビーの講習会に行ってきました(14:00~15:30)。菅生小は今年から「総合型地域スポーツクラブ」というのを設立したそうで先週はキッドビクス?、今週はドッチビーということでお呼びがかかったようです。この「総合型地域スポーツクラブ」とは、地域の子供・PTA・自治会など様々な人達がスポーツを通じてコミュニケーションをとっていこうという趣旨のようで、先日、稗原小学校でも設立説明会があったようです。

 本日参加したのは子供40人・先生2人・PTA副会長1人・体育指導委員4名でした。子供達に「ドッチビーって知ってる?」と聞いたらほとんどの子は知りませんでした。しかしルールの説明、遊び方等を教えるとみるみる上達してびっくりです。ドッチビー大会には3・4年生で3チーム、5・6年生で2チームの合計5チームが出場する予定だそうです(今日初めてやった子もいるのに・・・・)。そして驚かされたのは先生がメンバーを集め?(メンバー表を先生が持っていた)学校主導・PTA協力のもとで取り組んでいること、子供達の中から「先生が話しているんだから静かにしろよ!」と声があがり、子供たちがとても礼儀正しくゲームを理解しようと一生懸命だったことです。質問タイムではスルドイ質問が次々出てあせりました。

 菅生小の校長先生と話をしましたが今回はかなり気合が入っているようですし、体育指導委員で学校に無償配布したドッチビーのディスクも各学年の下駄箱に設置し、誰でも利用できるようになっているので、かなりの強敵になりそうです。稗原小は1チームか2チームが出場するようですが、負けないようにがんばりましょう!!!!(記:田島)

ひえばらキャンプ2009大成功!!感謝!

 キャンプに参加された皆さんお疲れ様でした!特にお父さん、お母さんはクタクタだったと思いますが、色々とお手伝いありがとうございました。今回のキャンプは「これも楽しそうあれも楽しそう」と話あっているうちに内容盛りだくさんになってしまい、子供達にはこれでもかというくらい楽しんでもらえたのではないかと思います。
09camp.jpg09camp1.jpg
 今回のキャンプで稗原小っていいねってあらためて実感しました。休日にも関わらず校長先生・先生方・給食職員の方が進んでお手伝いしてくれ、さらに、ひえばら会や子供文化センター、稗原自治会など地域の方も協力してくれ、参加者のお父さん・お母さんも大活躍で、とにかく子供達のために大人みんなで作り上げた、稗原力が集結したキャンプになりました。これからも学校・保護者・地域の協力で子供達を育てていきましょう!

 キャンプに参加できなかった方、もう暫く時間がかかりますが、詳細はホームページにアップします。その間菅生台自治会のブログ、又は飯田さんのブログに様子が紹介されているのでをご覧ください。(キャンプサブリーダー;弦巻・・・《追伸》小澤キャンプリーダーお疲れ様!!)

キャンプ最終打合せ

 今週の土日はいよいよひえばらキャンプ2009です。校内親睦ソフトボール大会で「給食命」のTシャツで注目の的だった、川崎一うまい給食のお兄さんたちがソバメシとフルーツポンチを作ってくれることになりました!!もちろん昨年大評判のひえばら会のトン汁や先生方によるレクレーションもあり、皆さんの協力で子供たちにとって楽しいイベントになること間違いなしです。
 小澤リーダーを中心としたパワーズスタッフも最終打合せを0:30まで4時間半行い、気合を入れました(夢庵さんドリンクバーで長時間いつもすみません)。当日の好天を祈りつつ、みなさんお手伝いよろしくお願いします。(弦巻)

夏休みにお子さんとボランティア体験を!

 夏休みにお子さんとボランティア体験をしてみませんか?以前に紹介した「落書き戦隊ケスンジャー」を覚えてますか?4年前に菅生小学校の6年生が始め、地域の落書き消し(稗原小の子供達がよく遊ぶ、たこ公園のたこの落書きなども)をしてくれています。ボランティアというと大変そうに聞こえますが、手軽に子供でも始められることってあるんです。
 今回、落書き戦隊ケスンジャー代表の佐藤さんから、8/1実施の246号(有馬周辺)落書き消しの参加者募集案内を頂きました。7/25が締め切りです。参加できる方は直接佐藤さんtanpopot2000@yahoo.co.jp又は弦巻までメールください!きっと夏のいい経験になると思いますよ!(弦巻)

菅生中学校区地域教育会議に参加

 菅生中学校区地域教育会議って知ってますか?菅生中、菅生小、稗原小の3校の校長や担当教員の他、各校PTA、自治会、こぶん、菅生分館、地域の方などで地域の教育について考える組織です。その運営委員会に出席しました。
 目的は、昨年実施したペットボトルロケット大会を地域のイベントに広げるため、地域教育会議が主催で実施できないか?をお願いするためです。結果は残念ながらダメでした。
 ペットボトルロケット大会は幼稚園児から大人まで楽しめるイベントなので、稗原小の子供達だけでなく、地域のたくさんの人たちが参加できるよう、今後も色々な方にお声をかけてみようと思います。
 ただし、菅生こども文化センターさんとはすでに協力するお話になっており、昼はペットボトルロケットの制作講習会&夜は星空観察という企画をこぶんさんで実施することになっていますので、詳細が決まり次第連絡しますね。(弦巻)

ドッチビー講習会第2弾

 パワーズ主催ではありまんが、パワーズメンバー田島さん(体育指導員)主催で、先週に続き、8/30の大会に向けて、ドッチビーの講習会が7/4の19:00から体育館で開かれました。参加者は前回より多く、子供30名、大人10名で楽しみました。最後は2年生以下のちびっ子チームに大人が混じって試合をしましたが、ちびっ子達もとても楽しんでましたよ。
090704docge3.jpg090704docge1.jpg090704docge2.jpg
 現在のところ大会へは、3・4年生の部で1チーム(仮称;ひえばらイレブン)の参加が決まっていますが、あと2人でもう1チームできそうです。子供達が頑張ってメンバーを誘っているようなので、もう1チームできるといいですね。

西有馬小父の会と

 3日、キャンプリーダーの小澤さんを中心に、私と山田代表と3人でキャンプの準備品などの打合せを21:00頃から2:00まで(あいかわらず遅くなってしまいました。ドリンクバーで長時間本当に迷惑な客です!)行いました。
 打合せ中に、西有馬小の父の会の有志の方から、地域教育会議の広報紙「トライアングル」をみて、防災キャンプについてのお話を聞かせていただけないかという電話を代表宛に頂きました。ちょうど今年のキャンプの打合せをしているので、お時間があえばどうぞ!ということで早速お会いしました。
 こちらのお話をするだけでなく、西有馬小のお話もお聞きし、大変参考になりました。特に子供達が作る地域安全マップについては資料も頂きました(また皆さんに報告しますね)。
 父の会の活動は学校・地域毎に特色があり、苦労話を含めてとても参考になります。今後も機会があれば、是非情報交換や懇親会をやりましょう!ということになりました。でも不思議なもので、知らないオヤジ同士、普通はすぐに打ち解けないものの、「子供」「学校」という共通の話題があると、年齢も立場も関係なく、すぐに話が弾んで、意気投合してしまう、これも父の会の魅力かもしれませんね!?(弦巻)

こぶんに夜間不審者!たばこが散乱

 菅生こども文化センターの広報紙「ひまわり7/1号」によると、6/17夜中に、庭にあった傘、水道ホース、バスケットボールが散乱し、さらにタバコの吸殻もあったそうだ。近くには京都銘菓のおたべが手付かずで置いてあり、もしや修学旅行帰りの中学生?何も証拠はないが、稗原小でも先月か先々月の夜中の2時頃、体育館脇で酒盛りをしている集団がいて、警察を呼び、そこにもコンビニで買ったものとたくさんの吸殻が散乱していたということがあった。また、先日のタウンニュースにも掲載されていたが平瀬川の井戸のポンプが再三にわたり何者かに壊されてもいる。
 どれも証拠がないので中学生とは限らないが、もし中学生だとしたら、「ひまわり」にも書いてあるように夜中に未成年がほっつき歩いているのを放任している保護者やそれを見逃していた地域に問題があるという意見には賛成だ。
 ふと疑問に思うが、このような事件にならないけど問題だということについて、地域・保護者にはどのような形で情報が流れるのであろうか?もし「大したことはない」と学校が隠蔽してしまうようなことがあるとするならば、その方が問題だと思う。事件になってからでは遅い!こぶんでも情報を公表すべきか?どのような形で公表しようか悩まれたことと思うが、私個人としては、今回「ひまわり」に掲載されたことはよい判断だと思う。このような件については様々な意見があると思うので、各校PTAや地域教育会議において活発な意見が交わされることに期待したい。(弦巻)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。