「稗原小父の会POWERS」のブログ

バルーンハンター ~賞金稼ぎ~

 今日、仕事から帰ってくるなり、子供が「超楽しかったからパワーズでもやってよ!」と言う。何かと聞けば、菅生こども文化センターのONEぱーくで「バルーンハンター」に参加したのだそうだ。バルーンハンター??
何のことやら?

 よくよく聞くと、こ文のリーダーが考えたオリジナルゲームで、数字の書いた紙が見えないようにして入れてある風船が300個くらい、こ文の図書室や集会室、トイレなど色々な場所の壁に張ってあり、好きな風船をとって受付に持っていくらしい。

 受付に出来た列に並び、受付の人が風船を割り、中から数字の書いた紙を取り出し、番号に応じた指示が与えられる。たとえば「腕立て30回」「早口言葉をつかえずに言う」「トランプ10枚の中からババ以外の9枚を選ぶ」「落ちてくる紙を落とさないようにキャッチ」「笑わないで○分間」など。

 指示をクリアーすると難易度に応じてドラ(=ポイント)が与えられ、カードにハンコが押してもらえる。3万ドラなら3個のハンコというような具合だ。中にはドボン(=はずれ)もあり、ヘルメットをかぶって振り下ろされるハリセンを受け止められなければ、マイナス5万ドラになってしまう。風船がなくなった時点でゲームが終了!ドラの多い人が優勝となる。

 今回の優勝者は20万ドラで、うちの子は11万ドラだったそうだ。あいにくの雨模様だったため、館内のみでやったのだろう?本当は館内だけでなく庭にも風船が張られ、子ども達が駆け回る姿を想像するだけでもわくわくするゲームだ。つくづく菅生こ文とONEぱーくリーダー達の企画力には敬服させられる。

 来年度は菅生こ文が改築工事で使用できないので、これを機会にこ文&ONEぱーくリーダーとパワーズのコラボ企画をできたらいいなと思っています!(弦巻)

スポンサーサイト

オヤジの会コラボ

 西梶ヶ谷小のおやじの会「西梶小若竹会」と大谷戸小のおやじの会「Ai-joy」が共同で参加するということで、大谷戸小のおやじの会の方に誘われ、「すくらむ21まつり」に行ってきました!
 川崎市男女共同参画センター(旧高津氏民館)で行われた「すくらむ21まつり」のほか溝の口周辺では「大山街道フェスタ」と「てくのまつり」が同日開催されていることもあり、大変賑わっていました。
100221sukuramu1.jpg100221sukuramu4.jpg
100221sukuramu2.jpg100221sukuramu3.jpg
 会場でひと際目立つキミドリとオレンジのビブスを身につけたおやじ達がおよそ30人、手際よく、威勢よく、2つの臼で餅つきをしていましたが、つくのが間に合わないほどの大繁盛で行列ができていました。(キミドリが西梶小、オレンジが大谷戸小のおやじの会です。)
おやじの会同士の親睦だけでなく、おやじがこのような形で地域の祭りに参加することは、学校と地域の架け橋になる良い活動だなと感じつつ会場を後にしました。おやじたちはきっと溝の口の町で2校合同の大宴会となったことでしょう!?