「稗原小父の会POWERS」のブログ

待ちに待った菅生こぶんリニュアルオープン!!

 放課後の子ども達の居場所のひとつであった菅生こぶんが1年間建替えのため、休館していましたが、ようやく完成し、地域の方へのお披露目会(おいわい会)が開かれました! 待ちに待った子ども達がたくさん集まり、子ども達の元気に遊ぶ声に祝福され、おいわい会が始まりました。震災犠牲者への黙祷が捧げられたあと、オープニングは、稗原小名物「稗原太鼓」です。
110326kobun7.jpg 110326kobun8.jpg
 たくさんの人たちが集まりました       稗原太鼓を演奏する4年生たち
110326kobun12.jpg 110326kobun13.jpg110326kobun11.jpg
丸山理事長挨拶     ONEぱーくのカレー   岡部校長・子ども代表・丸山理事長

ONEぱーくカレーが皆さんに振舞われ、おなかも落ち着いたところで、稗原小岡部校長、NPO法人赤い屋根丸山理事長らによるテープカットのあと、いよいよ内覧会が行われました。
110326kobun16.jpg 110326kobun2.jpg
入館に並ぶ人たち                    館内の間取り図
110326kobun6.jpg 110326kobun17.jpg
ダンスの練習おもできる集会室          パワーズが寄贈したボール

スポンサーサイト

おやじの会のパワー

 等々力アリーナーに被災者の方が100名以上避難されているのはご存知でしょうか?震災被害が殆どない政令指定都市川崎にも関わらず、避難所となった等々力アリーナーは川崎市ではなく、社会福祉協議会を中心にボランティアで運営されています。(きっと市の役人・市会議員は選挙の準備で忙しいんでしょうね!市民として情けないです。) その等々力アリーナーに「食糧・飲料・下着などが不足しているので寄付を」との情報がパワーズも参加している「川崎おやじの会(市内9校のオヤジの会が参加するメーリンググループ)」のメンバーからメールが21日に配信されました。
 すると、その日のうちに西丸子小、下小田中小、大谷戸小、今井小のオヤジの会のメンバー達が食糧・タオル・絵本・飲料などを寄付に訪れ、翌日にはメンバーからNPOのボランティア団体にも情報が伝わり、たくさんの寄付が届けられました。この「情報の速さ」「行動の速さ」には驚き、おやじの会の底知れぬパワーを感じました。

 また、24日にはパワーズのホームページでもリンクしている「日本オヤジの会連絡会」から「被災地でもおやじ達は,おやじパワーで頑張っているようです。そのおやじ達を,我々が,今できる事で応援していきましょう。」ということで「応援基金事業、応援掲示板の運営事業」への協力依頼がありました。この動きもきっと大きなパワーとなっていくことでしょう。

 パワーズの22年度ももうあと数日ですが、「出来るときに出来る人が出来ることを」、この合言葉は、普段の活動だけでなく被災者支援でも同じです。一人ひとりのパワーが大きな力となるのです。23年度も子ども・学校・地域のために頑張っていきましょう!! (弦巻)

菅生こぶん引越し

 20日、菅生こども文化センターの引越しが行われ、パワーズからは、永田さん、関さん、石川団長、田島さん、弦巻がお手伝いしました。菅生台自治会・稗原団地自治会・菅生台水端会など地域の皆さんもお手伝いに駆けつけ、たくさんあった荷物もあっという間に引越しが終わりました。

 永田会長から報告があったとおり、パワーズからは新センター完成のお祝いとして、ドッチボール2ケ、サッカーボール1ケ、バスケットボール1ケを寄贈します。4月のオープンが待ち遠しいですね。

総会&卒業お父さん送別会延期

パワーズのみなさま
 この度の東日本大地震に伴う物資不足や電力不足の影響で家庭、仕事で多大なご苦労をされていると存じます。被災者の方々の安全と被災地の一日も早い復興とともに、震災に伴う混乱の沈静化を祈念します。

 さて、3月26日(土)の総会ならびに卒業のお父さんを囲んでの懇親会は上記のような震災の影響が続いている状況を考慮し、4月23日(土)に予定している来年度の期初総会に延期とさせていただきます。出席予定の方々には甚だ恐縮ですが、事情をご覽察のうえご理解下さいますようお願いします。

 年度末を迎え、皆様のご協力の上に今年度も多くの活動を大過なく取り組むことができたことに感謝申し上げます。一年間有難うございました。パワーズは来年度も子供達の笑顔の為に活動して参りますので、是非ともご参加いただきたく、宜しくお願いします。メンバー募集案内は4月に配布予定です。(永田拝)

稗原小第25回卒業式

 18日、稗原小では、第25回卒業式が行われました。卒業生のお子さんがいる皆様おめでとうございます。卒業生の楽しい小学校の思い出として、少しでもパワーズの活動が残っていてくれたらいいなと思います。
 また、パワーズ初代会長の淳さんや、パワーズイベントでカキ氷やポップコーンを提供してくれた石川団長や古澤さん、鈴木さんもパワーズ卒業となります。色々とご協力ありがとうございました。パワーズの活動はまだまだ続きますので、引き続きご協力をお願いします。
110318_hiesyousotu_1_2[1]
(写真;菅生台自治会ブログより借用)

全日本折り紙ヒコーキ関東大会中止のお知らせ

 パワーズのみなさま
 3月21日(月・祝日)に、とどろきアリーナで開催予定の折り紙ヒコーキ大会は中止となりました。とどろきアリーナに照会し、折り紙ヒコーキ協会から中止の連絡が入ったことを確認しました。エントリー予定の方、お手伝いにご参加予定の方には残念ではありますが、次の機会を楽しみにしていましょう。

 パワーズイベントでもお世話になった折り紙ヒコーキ協会関東支部長五十畑さんからも以下のようなメールをいただいています。永田拝

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この災害の影響を受けた皆様に、お見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方々に、心よりお悔やみ申し上げます。

 親愛なる皆様へ、今までご支援いただき本当にありがとうございました。震災や電力不足、原発状況等を総合的に判断し、今回はやむを得ず中止とさせて頂きます。無理をいって協力して頂いた地域や学校関係の皆様、本当にありがとうございました。ホームページなどで早急に中止のお知らせを致しますが、お知らせが届かずに、当日来てしまう子ども達のことを思うと、お詫びの言葉もみつかりません。できる範囲で構いませんので、周囲の方々に中止をお知らせいただければ幸いです。

 震災をテレビで見つつ、自分に何ができるのかと思うことがあります。自粛、自粛といった重苦しい雰囲気が広がり、息子の友達さえ外出禁止と言われたそうです。世の中が暗く、重苦しく・・・しかし、皆様方におかれましては、いま自分ができることを精一杯、元気にやって頂きたいと願っています。募金、節電、身近な人で元気なければ優しくする、子どもに声をかける、なんでも構いません。その前向きな姿勢が、震災の人々に希望を与え、周囲の人々を勇気付け、暗く重苦しい世の中を明るくしていくのだと思っています。

全日本折り紙ヒコーキ関東大会実行委員長
五十畑潤一