FC2ブログ
 

「稗原小父の会POWERS」のブログ

おやじでいじめを考える

 パワーズ結成以来6年目にしてはじめてのまじめ企画お父さんで考える~いじめワークショップ~を開きました!!
 今回は、PTAとも相談した結果、全保護者対象ではなく、パワーズメンバーのみを対象とした会となりました。ゲストには、岡部先生(稗原小校長として4年目)、三ツ橋先生(稗原小校長退任後、教育委員会学校教育部指導課で学校の指導を行っている)、星野先生(パワーズ発起人、稗原小教頭・西御幸小校長を退任後、不登校児の相談等を行っている)と3人の校長経験者のほか、丸山さん(NPO赤い屋根理事長)、針山さん(菅生こぶん・蔵敷こぶん統括館長、菅生中学校区地域教育会議事務局長)と豪華面々がご参加くださいました。

 「いじめは学校の問題ではなく、子ども社会(子ども同志のコミュニケーション)の問題であり、いじめない子供に育てるのも、いじめを見て見ぬふりしない子供に育てるのも、いじめられている子供を守るのも親や大人の務め、特に子供に善悪を教えるのは父親の責務ではないか?おやじでいじめについて考えてみよう」という趣旨でおこないました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 【プログラムは以下の通り】

1.いじめの現状について・・・三ツ橋先生
2.稗原小の取り組みについて・・・岡部先生
3.いじめワークショップ・・・グループに分かれ討議
4.まとめ(お父さんに期待すること)・・・星野先生
5.懇親会 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 3人の先生からは、様々なお話を聞かせて頂き、とても参考になりました。また、さすが、子どもや学校に関心の高い、パワーズメンバーだけあって、3グループに分かれて行った1時間ほどのグループ討議では、自身の子どもの頃の経験や現在の子育ての経験から様々な意見が出されました。どのような意見が出されたかは、『パワーズ通信』にまとめて、後ほど配布したいと思っています。

 参加したパワーズメンバーには、稗原小の嶋崎PTA会長・田島副会長、菅生中の斉藤PTA会長もいたので、保護者と学校が、いじめ問題のチームとして一体となって日頃からに取り組んでいく機会やシステムを作っていってもらいたいと思います。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック