「稗原小父の会POWERS」のブログ

菅生青年同志会チャリティーバザー

 淳さんから、昨晩パワーズメールで急なお知らせがあったので、蔵敷のJA駐車場で行われた菅生青年同志会主催のチャリティーバザーに顔を出してきました。淳さん、錦織さん、パワーズOBの大木さん、藤田さん達が暑い中汗を流し、お好み焼きや焼きそばを作って頑張っている中、団長の¥100綿あめ機は汗もかかず着実に稼いでましたよ。(弦巻)
 090607dousikai1.jpg 090607dousikai3.jpg 090607dousikai2.jpg
 おっと書き忘れるとこだった!ちゃんと400ml献血に協力してきましたよ!!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ありがとうございました!

先日日曜日、菅生青年同志会のチャリティーバザーに来ていただきました方々どうもありがとうございました。
私が見たパワーズメンバーでは嶋崎会長、永田さん、弦巻さんかな・・・あっ団長が綿あめ機だけ持ってきた!

菅生青年同志会とは?
稗原地区(長栄会)、初山地区(初友会)、蔵敷地区(昭和会)の3会で成り立っている会であります。
約35年前くらいに発足して、菅生神社での祭りを盛り上げようと始まったのがこの会です。

ですので、私の父がまだバリバリなころ、始めたのかな・・・
現在では、10月の最初の土日に行われる、菅生神社大祭礼を中心に、活動しています。

発足当時から数年は、初山や蔵敷では自営の個人店も多く稗原では農家の方も多かったため、大勢いましたが近年は、自営の方々も大型店ができやめてしまったり、農家も少なく会の運営にも苦労しています。

若手が少なくなって、困っている次第です。

菅生神社の祭礼も今では同志会の活躍により、各自治会や長沢、犬蔵なども参加し活気に満ちていますがこの同志会があったからここまで大きくなったと言っても過言ではないと思います。

稗原小4年生が神社の演芸大会で稗原太鼓を披露できるのもこの同志会のおかげです。

また、初詣も今では菅生神社も参拝者が行列ができるほど活気は出ましたが、私が小学生の頃には、裸電球がついているだけで、肝試しにも来たかのようなひっそりとした神社でした。

菅生太鼓連(蔵敷長沢)の協力もありますが、これも同志会の発足当時のメンバーが作り上げてきた実績です。

菅生地域に昔からいる方も、新しくこの地にやってきた方もどうかこの地域をよくして、住みよいそして楽しい町にしてもらえば、きっとここにいて良かったと思えると思いますので、ご協力、ご参加してもらえばなと思います。

パワーズもこの先もこども達、そして私達が楽しく学校生活を送っていけるように続けて行ければ、きっと今のこども達がお父さんになったとき、次世代に繋いでくれることと思います。

現在のパワーズメンバーに大変感謝しています。

バザーでは団長の綿あめ機は活動していましたが、若干こどもが少なかったせいもあり、売り上げはいまいちだったかな?ゞ( ̄∇ ̄;)

献血もありがとうございました。
400ml 65名 200ml4名
できました。

売り上げ利益は、社会福祉協会へ寄付します。
団長綿あめ機は別途m(。≧Д≦。)m

saitou jun | URL | 2009年06月11日(Thu)10:22 [EDIT]


 

トラックバック